大会報告

第7回交流セミナーinいわき報告

2019年2月23日(土)、スパリゾートハワイアンズにて浜通り看護研究会主催の「第7回交流セミナーinいわき」を開催いたしました。
今回は「心と身体のストレス緩和」をテーマに看護現場で活用できる患者さんの移乗術と体のバランスを整え心穏やかにするヨガ教室を行いました。
前半の移乗術では公益財団法人ときわ会 常磐病院リハビリテーション課の佐藤先生を講師に迎え、看護の現場で患者さんの移乗を行う際、足腰に負担のかからない体の動かし方や福祉用具を利用しての簡単な方法を講習いただきました。
後半はメディカルフィットネスRe-Birthのトレーナー、坂本先生に心身をリラックスさせるヨガを行っていただきました。
参加された皆様は看護学校や現場で一度学んだことを思い出すと共にこれまで知ることがなかった体の動かし方を覚えようと真剣に取り組んでいました。
またヨガ教室ではリラックスし穏やかな時間を過ごされました。
浜通り看護研究会では交流セミナーを通じて少しでも看護の現場で役立つお話しや体験をしていただけるよう引き続き開催していく予定ですので、次回以降もぜひお気軽にご参加ください。

セミナーの様子

浜通り看護研究会 第4回大会報告

平成30年11月18日(日)、いわき明星大学にて「浜通り看護研究会 第4回大会」が開催されました。福島県浜通りの看護師不足問題や、看護師が抱える様々な問題を共有し解決を目的として立ち上げられた本研究会も第4回目となり約180名の方にご参加いただきました。
 3部構成で行われた今大会では5名の講師をお招きしご講演いただきました。第1講演では、福島県ふたば医療センター附属病院 副院長兼看護部長の児島由利江先生に「福島県ふたば医療センターの取り組み」と題し今年4月に開院したふたば医療センターの取り組み・活動をご講演いただきました。
第2講演では、「浜通りの看護師の取り組み」をテーマに現在、浜通り地区の病院で活躍している若手看護師3名が講演。1人目の講演は公益財団法人ときわ会 常磐病院の園田友紀先生が登壇し「多様な看護師を受け入れ育てるために」と題した経済連携協定(EPA)に基づく看護師候補生の受け入れをテーマに講演いただきました。続いて南相馬市立総合病院の吉井梓先生より終末期医療に関する認識の変化を明らかにすることを目的とした「非がんの高齢者に対する心肺蘇生不要(DNAR)指示に関する看護師の認識調査」についてをご講演いただきました。最後に独立行政法人 福島労災病院の四家智恵先生より「がん看護専門看護師資格取得までのあゆみ」と題し、ご自身の体験談や資格取得に向けた取り組み・過程についてをご講演いただきました。
また、今大会も昨年に引き続き昼食会場内に各病院・学校が研究発表をポスター形式で発表する「ポスターセッション」コーナーを設け更に大会参加者による投票を行い「最優秀賞」を決めての表彰を行いました。
昼食・ポスターセッションを挟んで行われた第3講演は日本赤十字看護大学 名誉教授の川嶋みどり先生より「自然の回復過程を調える看護の力~看護の専門性への確信~」というタイトルで看護の本質的な力についてをご講演いただきました。
 「浜通り看護研究会」では、今後も継続的に福島県浜通り地区の看護の質向上と発展のために活動を展開してまいります。

セミナーの様子

第6回交流セミナーin南相馬報告

平成30年9月1日(土)、南相馬市立総合病院にて浜通り看護研究会主催の「第6回交流セミナーin南相馬」を開催、福島県浜通り地区の各医療機関から約50名の看護師が参加されました。
今回は南相馬市立総合病院の脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の石崎晶子さんを講師に「誰も教えてくれないコツがここにある! 不安を明日から自信に変える意識レベルの観察」と題し、脳卒中リハビリテーション看護についての講演と演習を行いました。
講演では脳卒中の発生メカニズムや原因・症状、介護やリハビリテーションに関するより詳しく専門的な講義を行っていただきました。
参加していただいた皆様は真剣な表情で講義と演習に臨んでいました。
交流セミナーは年2回、定期的に実施していく予定ですので次回もぜひお気軽にご参加ください。

セミナーの様子

第5回交流セミナーinいわき報告

平成30年2月24日(土)、いわき明星大学にて浜通り看護研究会主催の「第5回交流セミナーinいわき」を開催、福島県浜通りの医療機関から約50名の看護師が参加されました。
今回は株式会社タンタビーバ 板谷和代先生をお招きして「楽しい気分の先に成果がある~うきうき・わくわく・いきいき働く!~」をテーマに、チームビルドについての講演とワークを行いました。
講演では職場環境における自身のモチベーションの上げ方や仲間への気持ちの在り方、チームとしての考え方や姿勢を通じて一人ひとりが笑顔で組織に勢いをもたらす方法等をお話しいただきました。
また、雑誌の写真や記事を切り抜き画用紙に貼り、参加者一人ひとりがイメージする自身の未来像を描くワークショップを実施。参加テーブル毎に発表を行いました。
参加していただいた皆様は終始笑顔でそれぞれの作成した未来像や想いに共感・感銘を受けながらコミュニケーションの和を広げていました。
今後もこのようなセミナーを定期的に実施していく予定ですので、次回以降もぜひお気軽にご参加ください。

セミナーの様子

浜通り看護研究会 第3回大会報告

 平成29年11月26日(日)、いわき明星大学にて「浜通り看護研究会 第3回大会」が開催されました。福島県浜通りの看護師不足問題や、看護師が抱える様々な問題を共有し解決を目指して立ち上げられた本研究会。第3回目となる今回も約150名の方がにご参加いただきました。
 今大会も3部構成となっており3名の講師をお招きしてご講演いただきました。第1講演では、熊本市民病院 看護部長の川崎貴代美先生に「熊本震災を体験して」と題した震災の経験と再建に向けた取り組みについてご講演いただきました。
続く第2講演では、いわき明星大学 看護学部長の久米美代子先生より「いわきに新設された看護学部の紹介」をお話しいただきました。今年度より同大学に新設された看護学部は多くの期待を背負っています。
 また、今大会では昼食会場内に各病院・学校が研究発表をポスター形式で発表する「ポスターセッション」コーナーを設ける新しい試みをいたしました。
各施設での取り組みや研究が紹介されたポスターコーナーは昼食を終えた多くの大会参加者が見て回り盛んな意見交換が行われました。
 昼食・ポスターセッションを挟んで行われた第3講演はテルモ株式会社 取締役顧問の松村啓史先生より「看護イノベーション~自分も元気に、組織も元気に~」というタイトルで看護における変革と意識やモチベーションの上げ方、元気な現場創りを目指し自分自身と組織を元気にするための取り組みや方法についてをご講演いただきました。
 「浜通り看護研究会」では、福島県浜通り地区の看護の発展のため、積極的な取り組みを行ってまいります。

セミナーの様子

第4回交流セミナーin南相馬報告

 平成29年8月26日(土)、南相馬市立総合病院にて浜通り看護研究会主催の「第4回交流セミナーin南相馬」を開催致しました。
「看護力を上げるリーダーシップ」をテーマに、福島県浜通りの医療機関から約50名の看護師が参加されました。
NPO法人 看護職キャリアサポート代表 濱田安岐子先生による基調講演「看護力を上げるリーダーシップ」を実施した他、南相馬市立総合病院 緩和ケア認定看護師 大岩千晴さんによる、実践セミナー「エンゼルケア」も行いました。
エンゼルケアは亡くなられた患者様が人生の最期に相応しく生前のその人らしい容姿に整え送り出すことで患者様の尊厳を守ります。
また、患者様ご家族の心のケア(グリーフケア)も大切であり、今回の実践セミナーでは映像を交え患者様とそのご家族に寄り添うためのケア方法を講義いただきました。
 前回同様“明日から使える実践型講演会”として開催した「第4回交流セミナーin南相馬」。
今後もこのようなセミナーを定期的に実施していく予定ですので、次回以降もぜひお気軽にご参加ください。

セミナーの様子

浜通り看護研究会 第2回大会報告

 平成28年11月27日(日)、東日本国際大学にて「浜通り看護研究会 第2回大会」が開催されました。福島県浜通の看護師不足問題や、看護師が抱える様々な問題を解決するべく、様々な面から模索するために立ち上げられた本研究会。今回も約150名もの方がご来場され、各講演に耳を傾けていらっしゃいました。

 前回同様、第2回大会も3つのセッションで構成。第1セッション前半は、1000名以上の浜通り地区の看護師を対象におこなったアンケートを星槎大学大学院教授の佐藤智彦先生に分析・発表をして頂きました。後半は、関東から福島県浜通りに赴任した南相馬市立総合病院の藤田幸治先生他、2名の方々がそれぞれの視点で問題点や改善策を提言してくれました。

 昼食を挟んで行われた第2セッションでは、「看護師のライセンスは一生涯」というタイトルでNPO法人看護職キャリアサポート フリージア・ナースの会会長、地方独立行政法人広島市立病院機構看護総合アドバイザーである大島敏子先生に講演して頂いた他、第3セッションでは、株式会社夜明け市場取締役の松本丈先生、参議院議員の石田昌宏先生、Barしゃん亭代表の山田一彦先生に、「浜通り看護師への期待」と題し、御三方の視点でお話をお聞かせくださいました。

 質疑応答も積極的に行われた今回。講師の先生方のみならず、参加者の方からも看護師たちのスキルアップ・モチベーションのアップに繋がるアイディアを頂くことができました。「浜通り看護研究会」では、今後も福島県浜通り地区の看護の発展のため、様々な取り組みを進めて行きたいと考えております。

なお、今回の模様は、以下の新聞社にも取り上げて頂きました。
誠にありがとうございました。

【福島民報】
https://www.minpo.jp/news/detail/2016112836845

【福島民友】
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20161128-130471.php

浜通り看護研究会第2回大会 佐藤智彦先生 基調講演 資料

セミナーの様子

大島敏子先生 基調講演

第2回交流セミナーin南相馬報告

 平成28年8月27日(土)、南相馬市立総合病院にて浜通り看護研究会主催の「第2回交流セミナーin南相馬」を開催致しました。

 今回も「リーダーシップと明るい職場つくり」をテーマに、福島県浜通りの医療機関から約70名の看護師が参加。浜通り看護研究会会長・野中時代による「一人ひとりがいきいきと働くための仕掛け人をめざす」と題したグループワークを交えた講演を実施した他、ジョンソン&ジョンソンの鈴木孝先生をお招きし、コーチングに関する特別講演も行いました。

 前回同様“明日から使える実践型講演会”として開催した「第2回交流セミナーin南相馬」。今後もこのようなセミナーを定期的に実施していく予定ですので、次回以降もぜひお気軽にご参加ください。

セミナーの様子

講演

交流セミナーinいわき報告

 平成28年2月21日(日)、いわき駅前のラトブ6階にて「浜通り看護研究会」主催の「第1回交流セミナーinいわき」を行いました。

 今回は「リーダーシップと明るい職場つくり」をテーマに、いわき市、相馬市、南相馬市の看護師約80名が参加。第1部は、会長・野中時代の「職場を働きやすくするためのリーダーシップとマネジメント」という約1時間の講演の他、参加者が自ら考え、即実践できるグループワークなどを行いました。
また第2部は、歯科医師の萩野礼子先生をお招きし、実際に体験しながら学ぶ「呼吸器合併症を予防するベッドサイドの正しい口腔ケア」などのレクチャーも実施しました。
 今回は、小規模ながらもより実践的なセミナーとして企画しました。今後もこのようなセミナーを定期的に実施していく予定ですので、今回参加できなかたった方も、次回はぜひお気軽にご参加ください。

交流セミナーinいわき野中時代会長講演資料

セミナーの様子

浜通り看護研究会第一回大会報告

 平成27年11月23日、いわき市平の「いわきワシントンホテル」にて「浜通り看護研究会第1回大会」が開催されました。
大会当日は、いわき市および浜通り地域の看護関係者並びに西日本からの来場者もお見えになるなど約200名もの方が来場しました。福島県浜通地域の深刻な看護師不足の現状を踏まえ、その問題を解消するため、10名を超える演者の方々にご参加頂き、様々な側面から看護師不足の実情と解決案の模索を図りました。
当日は、多くのテレビ局新聞社の記者の方々もお越し頂き、当会を取り上げて頂きました。浜通り看護研究会は、今後も年1回の大会の他、相馬市・南相馬市・いわき市にてワークショップタイプの交流セミナーなども定期的に開催する予定でおります。看護師不足解消に向け、今後も情報発信を続けていきますので、どうぞ宜しくお願い致します。

 東日本大震災および福島第一原発の問題により、看護師不足が加速した福島県浜通り地域。今後高齢化が加速するに連れ、その問題は深刻化の一途を辿ります。我々「浜通り看護研究会」は、有識者の方々のご意見やご提案、をこの問題の解決策を模索図るため、今後も活動を続けて参ります。

浜通り看護研究第一回大会野中時代会長講演資料

セミナーの様子

挨拶

講演